離婚に応じてしまったが為に起きる悲劇 探偵ブログ

三重県の探偵社ブログメイン画像

離婚時に「財産も養育費もゼロで良いから離婚したい」と離婚に応じた結果、離婚後に財産分与や養育費を請求された場合、支払うことになる可能性があるので注意が必要です。

離婚時の口約束は無意味

主に妻の不貞など、妻側に有責性がある離婚のケースで「財産分与も養育費も要らないから離婚して。」との言葉を信じてしまい、安易に離婚に応じてしまったが為、後に取り返しのつかない事態になってしまうことがあります。

口約束が危険であることは大人なら誰もが知っていることですが、いざ、夫婦間や自分のことになると冷静な判断ができなくなる傾向があります。

嘘をつく妻

財産分与の時効は2年

離婚時に財産分与を請求しなかったとしても、は離婚後2年間という時効期限内であればいつでも財産分与を求めることが可能です。

離婚時に「財産分与は要らないから。」との口約束だけで離婚をしてしまい、離婚後すぐに財産分与を請求されてトラブルになる事案は少なくないのが現実です。

最低でも法的な有効となる内容の離婚協議書を作成し、将来的なトラブルを避ける為に公正証書にされておくことをお勧めします。

公正証書

すぐにでも請求される可能性がある養育費

養育費は要らないから。」との口約束があったとしても、養育費はあくまで子供の為のものなので、親権者が勝手に放棄することはできませんし、後から請求することも可能です。
このような養育費トラブルは非常に多いので注意が必要です。

また、不倫相手との交際がうまくいかなくなった後、養育費を請求するような事案もたくさんあります。

養育費トラブル

弁護士のようなプロに依頼し、離婚協議書を作成する

離婚後の掌返しはよくあるトラブルであると心得てください。
「自分だけは大丈夫」などということは決してありませんし、トラブルになっている方全員がそう考えて離婚してしまい後悔する結果になっているのです。

離婚後の生活状況の変化なども想定されますので、離婚協議書さえあれば全ての離婚条件が担保されるとまではいえませんが、意味のない口約束よりははるかに効力があるものです。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵

探偵社ガルエージェンシー伊勢湾・三重・名古屋駅西代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので三重県内での調査には絶対の自信があります。

探偵社ガルエージェンシーの8つの日本一

無料相談は電話予約にて承っております

0120-775-066 (相談無料・秘密厳守・365日対応)

グーグルマップ

初めての方も安心してご相談ください

探偵歴20年のプロ探偵に無料相談

トラブルの解決法をご提案

専用フリーダイアル0120775066

メール相談フォーム