配偶者の不貞などが原因で離婚を選択する時

ローンで購入した自宅の問題で困られる方が多くいます

①妻の浮気が原因である場合は

家族の為に購入した自宅ではあるが、妻も子供もいない状況では

このまま住み続ける理由はない

今、売却したとしても、住宅ローンはそのまま残る・・・

どうすればいいのか?

となってしまいます

②夫の浮気で離婚することになったが

離婚の慰謝料としてこのまま家を貰いたい

とお考えになられる方は少なくないでしょう

住宅ローン問題は「誰が名義人になっているか?」

によって行うべき事が異なります

①のケースでは

年妻の不貞という不法行為によって

自宅を売却せざるえなくなった事情から

ローン残高から売却額を引いた金額が夫婦の共有資産の

「負の財産」とする考え方もあります

「プラスの財産も半分であれば、マイナスの財産も半分だろう」

とする捉えかたです

であれば、慰謝料とは別に財産分与で相殺することもあります

②の場合

自宅及びローン名義が夫であれば

名義も妻に換え、ローンだけ夫が払っていくというのが

理想的だと考えられるでしょうが

事はそう簡単ではありません

名義を外すには抵当権を持つ側が(※ここでは主に銀行)

それに応じなければいけません

一般的な銀行の主張としては

「ローンを全額払ってくれたら、すぐに解決することです」

となります

当たり前のことですが、ローンの抵当ですから

払えば抵当は外れるので

名義変更は可能です

しかし、それができないから困っているのであって

であれば、ローンはこのまま夫が支払い

自宅には妻や子供が住み続けるという選択になるのでしょうが

そのまますんなり払い続ければ問題ないけれど

何かあった場合、先の保証はないもありません

そういったことから

住宅ローンがある状況で離婚される場合

しっかりと対策を考えた上でないと

思わぬトラブルに発展する可能性があることを理解しておかねばなりません