行方不明者と自殺や殺人事件の数

|離婚裁判証拠収集/男女関係の修復/人探し/行方調査/信用調査/盗聴器発見/ストーカー対策/結婚調査他
名古屋の総合探偵社ガルエージェンシー
GALU探偵学校
ガル探偵学校 名古屋校はこちらをクリック↑
線
サイトマップ1
サイトマップ2
HOME 相談スタッフ 相談窓口 プレスリリース 法人様へ 探偵学校 会社概要

第49話 行方不明者と自殺や殺人事件の数

発表されている年間の家出者・失踪者数は約10万人になります

そのうち発見に至るるは約9割弱

ということは

年間1万人以上の方々が所在不明・生死不明の状態になっているということです

累計ではなく年間です

その方々が全員でもなくとも、大半が生存しているとするならば

ホームレスの方々の数はこんなものではいでしょうし

今の時代、誰に知られることなく密かに生活をすることなど

極めて難しいということは誰しもがおわかりになることです

容易に想像できる現実は

毎年、1万人以上も発生している

発見されることがない行方不明者の大半は

既にお亡くなりになられている可能性が高いということです

年間3万人とされる自殺者の中にいるかもしれませんし

年間15万ともなる変死者の中にいるかもしれませんが

とくかく亡くなられている可能性が高いというのは疑いのない事実でしょう

弊社も探偵社という職業上

数多くの家出人探しや失踪者捜索を依頼されます

その中には自殺を思い立ち、家を出て

自殺に至るまでに発見したという案件はいくらでもあります

ご親族などが家出や失踪をされ

命にかかわるような状況があるなら

一刻も早く探し出さねばなりません

警察に捜索願を出しても

受け付けてはくれますが、探してはくれません

理由は単純です

成人が自分の意志で家を出た以上、個人情報である為

警察には探す権限が無い
 ※生命の危機や事件性があった場合は別で特異家出人となる

それと、年間10万人にもなる家出人を

今の警察の人員では担当しきれないからです

今、日本国内で人探しのプロといえるのは探偵だけです

ですので

もし、そういった事態になった時は

一日も早く、とりあえず警察に届け出だけは提出し

弊社の無料相談をご利用ください

もちろん、依頼されなくても一向に構いません

とにかくプロのアドバイスを聞いて

発見に尽力して下さい

家出をした後、たちまち自殺をするというケースはそう多くありません

時間の経過と共に心を決め

自殺に至ってしまうことが多いのです

それまでに見つけることさえできれば

助けられる命があるやもしれません

実際、そのお手伝いをした実績も数多くあり

その方々は現在も生きております

探偵をやってきてこれほど嬉しい話はない

探偵冥利に尽きることです

「せめて全ての方にアドバイスだけでもしたい」

というのが弊社の全社員の願いです



三重県の探偵社ガルエージェンシー伊勢湾所長
解決の第一歩は確実な証拠から ご相談フォームはこちらから