「女性は長男の家に嫁いだら夫の家に入るもの」

東京などの大都市ではそのような考えは古いと思われるかもしれませんが、三重県のような地方ではまだまだしっかりと根付いている考え方ではあります。

  • 家の跡取りを産み、育ててくれる存在
  • 両親の老後の面倒をみる存在
  • 冠婚葬祭をフォローする義務がある
  • お盆や正月の取り仕切り

書き始めたらきりがありませんが、口に出す出さないは別問題としても、義両親が長男の嫁に期待する役割は数多くあるでしょう。

家計を切り盛りする長男の嫁

長男の嫁が他の男と不倫

そのような長男の奥さんが不倫をしているというケースの浮気調査では、夫だけでなく姑や舅が依頼人となる調査依頼が多々あります。

夫が両親に相談しての浮気調査依頼という場合もそうですが、先に舅や姑が嫁の不倫に気付き、浮気調査の依頼をされることもあります。

血縁関係はないとはいえ、ご家族ですので調査を依頼されること自体は問題ありません。
ただ、息子さんに告げずに勝手に調査をしてしまうと、後々問題となることもありますので、可能であれば、当事者である息子さんに話されてから、調査をした方が良いとアドバイスをしています。

夫婦関係の再構築には問題が山積み

浮気調査で不倫の事実が確認された結果、離婚を選択するということであれば、双方が弁護士をたてての離婚協議など、多少問題が生じたとしても、一般的な離婚協議で決着がつくことになります。

問題なのが、離婚せずに夫婦関係の再構築を希望するケースです。

問題解決の問題点に、義両親との関係が関わってくることが多いからです。

不倫をした長男の嫁と姑の確執

舅や姑にとっては、「うちの嫁が不倫をした!」「家の恥だ!」と捉えられることにもなりかねず、問題解決までのハードルが高く、多くなりがちです。

また、長男である夫も積極的に間に入ろうとはしない傾向もあり、不倫をした妻としては自業自得ではあるものの、「このままでは一生、奴隷のような生活を強いられる。」と考えられる方もいます。

いくら不倫をしてしまったとはいえ、お嫁さんは実家や夫の所有物ではないのは明らかであり、どこまでの謝罪が必要なのか?や、贖罪にはどれだけの期間が必要なのか?は、舅や姑が関与することなく夫婦間のみで決められるべきでしょう。

そうしないことには、不倫を許し夫婦関係の修復を試みる過程で、夫や舅・姑のモラハラが原因で離婚をすることになったと、逆に夫側有責の離婚請求が突き付けられることにもなりかねません。
また、そういったケースは少なからずあるのです。

もしそうなってしまった時、孫には一生会えない可能性すら生じてしまいます。

他の浮気調査コラムを読む

三重県の探偵事務所トップページ

探偵社の相談員

浮気調査をお考えの方はこちらから
三重県で唯一、探偵学校校長が運営する探偵社が安心確実な浮気調査をご提供します

浮気調査の詳細ページ

浮気調査紹介動画

どのような人が浮気調査をするの?