「夫(妻)の不倫相手のことを調べたい」

という調査依頼が多く寄せられます

浮気調査の結果、判明した不貞相手を調査するのであれば
 ※最初から不貞相手が判明しているケース含む

全く問題ありませんが

依頼人からの情報のみを理由とした浮気相手の調査は

問題となる場合もありますので注意が必要です

というのも

浮気相手を特定する情報が

夫(妻)の携帯電話の電話帳にあるデータというケースが

非常に多いからです

例えば、その電話帳データに

【○山○子】となっていたとして

○山○子は夫と同級生の女性しかいない

「不倫なんてとんでもない!」

と思われるのは当然ですが

それはあくまで、ご主人さんが正確に電話帳登録していたら

という未確定な情報になるからです

もし、万が一にも


○山○子がご主人の同級生の女性でない場合
 ※偽名登録も含めますが

全く無関係の人間を訴えることになってしまいます

「すいません。間違えました」

で済めば良いですが

そのことによって、相手のご家族等に迷惑がかかる結果ともなれば

確実に損害賠償請求されることになります

また、このケースで探偵社が調べられるのは

法律関係となる人物の調査に限定される為

○山○子が法律対象の人物であると確定させる必要があります

1度でも不貞行為が認められれば何の問題もありませんが

そうでない場合、調査自体をお断りしなければならないケースも

生じてくるのです

と同時に

電話番号のみから契約者の調査

メールアドレスから契約者の調査

車のナンバープレートから所有者の情報調査

といったデータ調査をご希望される方もおおくおられますが

現在、データ調査は禁止されている為

データ調査を行う事は控えさせていただいております

過去にはせっかく料金を支払って調査をした結果

判明したのは会社名
 ※名義が会社だった

といった事案も多くありますので

法律で許される範疇の正当な調査を行う事をお勧めしております