特殊撮影調査

特殊撮影ならお任せ下さい

弊社は特殊撮影を得意とする探偵社です。
超小型CCDカメラ・特殊監視カメラ・赤外線カメラ・暗視カメラなど、通常では撮影不能な特殊な場所においても探偵はその知識や機材を使い、記録撮影や証拠収集を可能とします。

ピンホールレンズでの撮影

ピンホールレンズを使用した隠し撮り

2mmの穴さえあれば撮影可能・・・

ピンホールカメラを使用することにより、2mmほどの穴と機材を設置できるスペースさえあれば撮影・録画が可能になります。
これを応用し、様々な状況下での撮影が行えます。

暗所での撮影

暗視カメラ赤外線撮影

暗闇での暗視&赤外線撮影

暗視カメラ・CCDカメラ・赤外線投光器などを駆使し、肉眼では見えない暗闇の世界でも撮影が可能になります。

暗闇でのカーセックスといった不貞の証拠収集や、街灯や明かりの無い場所での部屋の出入り撮影など、様々な状況に応じて暗視撮影を行います。

お気軽にご相談下さい

特殊撮影の調査事例

虐待の証拠撮影を目的とした調査事例

虐待の証拠撮影

虐待の可能性を示唆したご依頼の調査事例になります。

自分が外出中に内縁関係にある男性が子供の虐待をしている疑いがある・・・・。
嘘だと信じたいが、状況から虐待以外は考えられない。

特殊撮影調査~依頼人が判断した内容

依頼人の部屋を見せてもらい、自宅の2ヶ所に超小型CCDカメラを設置することに。
期間は1週間であったが、男性が子供を叩く姿を確認。
同時に愛犬にも虐待をしている様子。
本人を問い詰めると、最初は認めなかったものの、証拠があると言うと「躾だ!」と言い逃れをする始末。

事件までには至らなかったが、子供を守れるのは母親である自分だけと、依頼人は男と分かれる決意をされた。

カーセックスの証拠撮影を目的とした調査事例

カーセックスの証拠撮影

浮気調査で性行為が主に夜間の車内で行われているケースの調査事例になります。

ご主人のスマートフォンに届いたライン内容により、不倫が発覚。
離婚を視野に入れた視野に入れた浮気調査を行うことに。

特殊撮影調査~依頼人が判断した内容

社内不倫をするご主人の調査で、ホテルなどを利用せず、女性と合流後、夜間は車の出入りがほとんどない海岸沿いにある駐車場でカーセックスを繰り返しているような行動が確認された。

辺りは街灯がほとんどなく暗い為、離れた位置からの撮影は厳しいと判断。
行為が行われる現場がいつも同じような場所ということもあり、予め現場に暗視撮影機材を準備した調査員を配置。
女性が車を隣に停め、ご主人の車後部座席に乗り込む姿や、ガラス越しに性行為に及ぶ姿の証拠撮影を行う。

依頼人は報告の翌日、荷物をまとめご主人と別居。
弁護士を介してご主人に離婚と慰謝料を請求。
浮気相手女性にも慰謝料を請求した。

探偵の行う特殊撮影

上記事例のようなケースだけでなく、社内不正の証拠収集など、探偵がもつ特殊撮影の知識や技術は様々な方面に活用・応用が出来ます。

防犯や監視カメラにおいても、今は自宅のパソコンや携帯電話で確認できる時代になってきました。
撮影機器の性能も驚くほど向上しており、弊社は機材の選定に費用や努力は惜しまず、絶えず研究を行っており、多くの撮影機材が配備されています。
通常では難しいと思われる所での撮影や、他社では不可能とされた案件であっても、まずはお気軽にご相談下さい。

お気軽にご相談下さい

ページの先頭へ