問題解決までの探偵との付き合い方

お気軽にご相談下さい

調査を失敗させないために

浮気の悩み

求めるべき調査結果が得られる為に
自分は何をすれば良いのか?
何をしてはいけないのか?
探偵との連絡方法は?
状況変化があった時は?
ここでは依頼人が調査依頼時に注意すべきポイントと探偵社の利用方法(付き合い方)をご紹介します。

大切な悩みの解決こそ、失敗できない。 確かな探偵社選びが、悩み解決の第一歩です。

共通目的は問題解決

調査の事実を対象者には絶対悟らせない

書類や名刺の管理は細心の注意を

名刺や契約書は100%目に触れない場所に保管

浮気をしている自分いたとして、パートナーが探偵社の名刺を持っていたらどうでしょう?
「浮気調査を依頼した」「浮気調査の相談をした」と思うに違いありません。

それが調査契約書であったらどうですか?
何月何日の何時から、何日まで調査を行うと記載されているのが契約書です。
調査を開始した途端、誰が探偵であるかを割り出しにかかる行動をとりますよね。
たとえ、そうではないとしても、その期間は絶対に浮気相手と会わないでしょうし、その後も極端な警戒をして、絶対ばれないように秘密裏に会うに違いありません。

どれだけ繰り返しご説明し、注意を申し上げても、何年かに一度は必ず契約書や名刺を見られたことが原因で、調査が出来なくなってしまう案件が発生してしまいます。

ちょっとした迂闊な行動が、調査を非常に難しくし、結果が得られないようになるのです。
調査契約書が対象者に見られる可能性が1%でもある場合、銀行の貸金庫に保管して下さいとなでも申しませんが、100%見られない場所に保管するよう強くお願いしております。

探偵との連絡を絶対に見られないよう注意する

自分はパートナーの携帯やスマホをのぞき見するけれど、相手は決して自分の携帯は見ないと思わないこと。

ご依頼者の中には、探偵社の担当者名を携帯に登録する際、「田中 探偵」「ガルエージェンシー 田中」のように登録される方や、中には「探偵さん」等とそのまま記載される方がいます。
自分の携帯は見ないとの理由からでしょうが、浮気の事実を少しでも疑われていることを悟られた場合、パートナーはどこまで知っているのか気になるのが普通です。
そこで、上記のような名前の人とやり取りをしていることがわかったら、「今から浮気調査をしますよ」「調査を行っていますよ」と宣言しているようなものです。
個人名か偽名で登録をし、メールなどのやりとりがある場合は、その都度、忘れずに削除するようにして下さい。

調査結果報告があるまで証拠収集を焦らない

自身での証拠収集は打ち合わせをしてからにしましょう。

依頼者さんの中には、少しでも浮気の証拠を集めたいと焦るあまり、調査中にもかかわらず対象者の寝室や車にボイスレコーダーを仕込んだり、証拠を集めようとする方が多くいます。

調査実施日の特定が難しい場合などで、調査日を特定する為に、探偵と打ち合わせした結果のことであれば問題ありませんが、探偵に内緒で暴走され、対象者に怪しまれて動かなくなる事案が少なからずあります。

浮気は継続されるものですから、調査終了後でも同様の証拠は集まられます。
探偵社の証拠はそれだけで証拠能力が高いものですから、まずは動かぬ証を確保するまで我慢をして下さい。
お気持ちは充分理解できますが、とにかく、1日2日を、1週間を焦らないことです。

感情のコントロールのお願い

証拠さえ揃えば、後はご自由にできるのです。

調査の途中経過をご希望される依頼者さんの中には、対象者が浮気相手と接触があったとの途中経過をお知らせした時、怒りや悲しみの感情をコントロールできずに、すぐに全てを対象者にぶつけてしまわれる方がみえます。

探偵社は依頼人の意向に沿った調査サービスを提供する調査会社ですので、途中報告をお望みの方には、ご希望通りにご報告いたしますが、目的は「動かぬ証拠」を確保して、言い逃れをさせないことです。
最低限の証拠が確保できた後でしたら、それを元に白状を迫る方法はあるでしょうが、容易に言い逃れできる状況下で調査の事実や結果を明らかにするというのは、決して得策であるとはいえません。

証拠され揃ってしまえば、今以上に感情を爆発させても構いませんし、証拠価値が損なわれるようなことはありません。

調査に必要な秘密は無しにしてください

探偵は100%あなたの味方です。

探偵に言いにくいことはあるでしょうし、調査に必要でないと判断されることがあったとしても、探偵には法律で定められた守秘義務があります。

秘密の保持等

探偵業の業務に従事する者は、正当な理由がなく、その業務上で知りえた人の秘密を漏らしてはならない。探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても、同様とする。

正しい教育を受けた探偵は、依頼人の秘密を漏らすことは違法であると十分理解しておりますので、決して相談内容が漏れることはありません。

調査員は思い込みによる調査は決して行わないよう指導を受けておりますので、こと調査においては、知っておいてよかった情報はあっても、知らなかった方が良かったという情報はないのです。
調査が終わった後に、「話しておけば良かった・・・」「聞いておけば違った方法があったのに・・・」とならないよう、正確な情報提供をお願いしています。

特に、「他の探偵社に依頼したが、調査が失敗した。」「自分で証拠をつかもうと試みたけれど、バレてしまった。」といった情報は調査を組み立てる上でも重要なことです。
「このようなことを話したら調査料金が高くなるのでは?」などいといった不安があるかもしれませんが、同料金で調査体制を見直すことも考えられますし、調査のリスクは低いに越したことがありませんので、正直にお話し下さい。

探偵社と依頼人の関係

弊社では依頼人が望まない限り、安心して調査期間をお過ごしいただく為、連絡を取りながら調査を進めていく方針をとっています。

予め、連絡方法(電話・メール・ライン等)の取り決めを行い、連絡可能時間をお伺いした上で、調査に必要な追加情報をこちらからお尋ねすることもありますし、生活状況や勤務の時間帯などの変化があった時、ご連絡を頂くなどといったやり取りが行われるのが通常です。
また、対象者の機嫌の変化といった情報を頂くことも多々あります。

専任制を採用していますので、依頼者さんから申し出があるという特殊なケースを除き、担当がコロコロ変わるということはありませんので、十分なコミュニケーションは取れているかと思いまうが、どうぞ必要と思われた情報は何時であろうと気にせず、ご連絡してください。

「深夜だから」「早朝だから」とのお気遣いは無用です。
それよりも情報の伝達が遅れ、調査に支障が出る方が重要なことです。

また、調査とは関係がないと思われることでも、お気兼ねなくご相談いただいて構いません。
弊社は三重県内で20年以上探偵業を営んできたことから、広い分野に交友関係があり、多くの情報が入ってきておりすますし、入手が可能です。
担当させていただいている社員も探偵歴が10年を超える者が大半ですので、お話しをされる相手としては不足はないかと存じます。

調査が終了した後のご相談についても、無料で行っておりますので、何度でもお気軽にお訪ねください。

探偵に国家資格や公的組織はない

探偵社の中には「○○協会」「○○組合」などと、さも公的な機関から認定を受けた団体であるかのような名称の会社がありますが、探偵業には公的に認定するシステムはないことから、公的に保障された団体は一切ありません。
100%が任意に命名されただけの民間団体です。

また、「○○士認定」などといった国家資格のような呼称を時々見かけますが、そのそも日本の探偵は国家資格ではありません
あるのは、探偵業法に定められた管轄する警察への届出のみとなっています。

わざわざ国家資格であると錯誤させるような、誤解を招く表記をしている理由はどこにあるのでしょう?
ここで多くは語りませんが、少し考えればわかると思います。

同時に、何故か探偵業界には「○○○子探偵社」といったような女性の名前を屋号にした探偵社も多く存在しています。
女性が運営しているから安心して頼めるといったイメージから考えられた屋号と思えます。
では、そこの代表者は本当に「○○○子」なのでしょうか?
探偵業法では代表者の表記が定められていますので、届出証で確認してみると・・・あれれ?
「○○○子」ではなく、「△△△美」になっているではないですか!?
女性ならまだしも「◇◇◇夫」といった男性の会社も!?
会社名が人名で、経営者が全く別の名前というのは、芸名?もしくは源氏名?
などなど、調査技術がどうであるかは別として、よくわからない部分の多い探偵社が実在しているのは事実です。

そのような他の業界では見られない探偵業の実情を理解し、探偵社を選ぶ際の材料の1つとして考えられてはいかがでしょうか。

探偵社選びのチェックポイント

相談員からのご質問

電話で会社名を名乗りましたか?

探偵社からの返答

複数の会社名で運営されている怪しい探偵事務所も多く存在します。

相談員からのご質問

事務所以外での面談(相談受付)を提案されませんでしたか?

探偵社からの返答

事務所以外に誘導するのは不都合な理由があるからです。

相談員からのご質問

料金は適正ですか?

探偵社からの返答

高すぎる料金は論外としても、あまりに安い料金設定には必ず裏があると疑った方が良いでしょう。

相談員からのご質問

どのような調査報告書が貰えるのか、サンプルのようなものを見せて貰えますか?

探偵社からの返答

「調査はやってみないとわかりません。」といったものではなく、どのような調査報告書や証拠VTRをお渡しするのか、提示するのが当たり前の時代です。

相談員からのご質問

事務所はレンタルオフィスやマンションではありませんか?

探偵社からの返答

それだけで判断できるものではないかもしれませんが、しっかりとした事務所を構えて長年やっている会社と、いつでも移転可能な会社とでは違うのではないでしょうか。

相談員からのご質問

追加料金の説明はしっかりされていましたか?

探偵社からの返答

料金トラブルで最も多いのが追加料金についてです。
探偵業法でも定められている事項となりますので、曖昧な説明の探偵社は避けた方が無難でしょう。

相談員からのご質問

調査に対するリスクの説明や失敗した場合の料金説明はありましたか?

探偵社からの返答

例え世界一の探偵が行ったとしても、調査に100%はありません。
調査に失敗したにも関わらず、調査料金が発生するなどあってはならないことです。

お気軽にご相談下さい

ページの先頭へ