盗撮器による盗撮の実態や手法について

盗聴撲滅キャンペーン実施中!

盗聴発見が業界最安価格の18,000円~

ガルエージェンシーグループでは悪質なプライバシー侵害行為となる盗聴・盗撮被害が少しでも少なくなる為、全国で「盗聴・盗撮撲滅キャンペーン」を実施しております。

盗聴の仕組みを熟知したプロの調査員が、最新の機材を駆使し最高の技術を提供し、料金は安心の全国最安価格の基本料金(20㎡)18,000円で行っております。

もしかしたら盗聴されているかも?」「盗撮されている可能性がある」と感じている方は、この機会にお気軽にお問合せください。

お気軽にご相談下さい

盗聴とは?

盗撮の種類

小型の撮影器(盗撮器)で写した動画データを、外部に電波方式で送信し、盗撮する手法。 ※有線方式での送信も可能。

小型の撮影器(盗撮器)で写した動画データを、記録媒体(マイクロSDなど)に保存し、動画データ取り出して盗撮する方法。

小型のビデオカメラやデジタルカメラなどで直接盗撮する方法。

スマートフォンを使った盗撮。

小型カメラの種類

現在、盗撮に悪用されるような小型CCDカメラやピンポールレンズを使ったカメラは、秋葉原などが有名ですが、他にもネットなどでも幅広く販売されています。

コンセント型盗聴器1

盗撮は探偵の専門分野

  • 特定の人物をターゲットとした盗撮
  • 不特定多数をターゲットとした盗撮

盗撮には様々なパターンの盗撮があり、その目的によって被害が異なります。
実際に盗撮を行おうとするなら、2mm程度の穴さえあれば盗撮が可能で、鞄や靴、傘や服などに盗撮器を仕込むこともできます。

ただ1つ言えるのは、いくら一般の方が知識を得て、わからにように盗撮を行おうとしたところで、探偵は職業として盗撮をする、いわば盗撮のプロフェッショナルです。
 ※ あくまで合法の範囲で行っています。

弊社では、一般の方や法人から寄せられる盗撮被害の問題解決だけではなく、探偵で培った盗撮の知識を少しでも役立てて頂こうと、プールや海水浴場・共同浴場などの施設運営者の方々から依頼を受けて、盗撮事件の証拠収集や防止講座を引き受けています。

いくら巧妙に盗撮器を仕掛けようとしたところで、それらの盗撮技術は探偵が行ってきた証拠撮影の真似事であり、また、どのような盗撮手法であれ、撮影するには必ずレンズが必要です。

そのレンズの先には、動画や静止画の記録媒体が確実にあるのです。

探偵の盗撮調査は録画媒体そのものではなく、レンズや電波から探していくのです。

このように盗撮と一口に言っても多種多様な方法があり、恐ろしいことにそれは日々進化して、私たちのプライバシーを虎視眈々と狙っているのです。
安心して生活する権利を守るためにも、気になる方はお早めにお調べになることをお勧めします。

お気軽にご相談下さい

ページの先頭へ