浮気調査の準備(浮気調査 / 素行調査)

お気軽にご相談下さい

浮気調査の相談前に

浮気調査の相談の前に

探偵社へ浮気調査の相談を行おうとする時、円滑に面談を進めめる為、相談前に準備しておかれた方が良い事項をご紹介します。

情報があまりお持ちでない場合もありますので、その時は無理に準備して頂く必要はありません。
また、弊社ではご相談時に、印鑑やお金など情報以外のものは不要です。
まずはプロの探偵の意見を聞いてみようかといったお気軽な気持ちで無料相談をご利用ください。

浮気のタイミングを探る

浮気調査には調査をするタイミングが重要となるケースが多くあります。
機会を逸してしまうと、調査をしても全く証拠が出てこないということになります。
また、調査のタイミングがぴったりですと、その分決着するまで時間がかからずコストも抑えることができます。
では、調査を行なうのに、ぴったりなタイミングというのはいつなのでしょうか?

タイミングを計るにはメモなどで記録すること

浮気の行動記録日記

対象者の行動で、怪しい行動や言動があった場合、それらをメモしておくことが重要です。
メモをしていくうちに、一定のパターンが浮かび上がってくることがあります。
それは曜日であるとか時間帯であるとか。
同じ曜日の同じ時間帯に、携帯電話に電話しても出ないし、折り返しもないとかまたは電源が入っていないなど明らかに様子がおかしい時はメモなどをして記録をしましょう。

難しく考えず、簡単なもので構いません。
書き込めるカレンダーを購入してもいいと思います。
そこに出勤日、休日、給与支給日などを事前に記入、家を出た時間、帰宅した時間を記録して行きましょう。

後から怪しいレシート等が出てきた場合などは、保存と共に日時を記入しておくと良いでしょう。
また、診療内科などへ通院しているのであれば通院日なども記入、診断書やレシートなども貰っておきましょう。
給与明細などから有給休暇を確認、知らない日に有給休暇を取っているようであれば、かなり怪しいかも知れませんね。
こういったメモや日記が証拠になることもありますし、調査のタイミングを計るための重要なデータとなるケースが多くあります。

行動記録例
休み
外出
11:00
パチンコ
帰宅
20:00
出勤
7:30
帰宅
19:30
出勤
7:30
帰宅
19:30
出勤
7:30
帰宅
21:30
残業
出勤
7:30
帰宅
21:00
残業
出勤
7:30
帰宅
23:00
飲み会
休日出勤
10:00
帰宅
20:30
休み
外出
11:00
パチンコ
帰宅
21:00
出勤
7:30
帰宅
19:30
出勤
7:30
帰宅
21:30
残業
出勤
7:30
帰宅
19:00
残業
出勤
7:30
帰宅
21:30
残業
出勤
7:30
帰宅
22:30
残業
休み
外出
11:00
パチンコ
帰宅
20:30

おおよその怪しい日が特定出来てきたと思います。
情報が多ければ、もっと多くの情報が得られるはずです。
この日記は調停などでもあなたの見方になってくれるでしょう。
また調査会社に依頼する時も浮気の可能性の高い日を選択したほうが予算的に考えても得策といえます。
ただ、あまり考えすぎるのもよくありません。

依頼者が浮気調査を申し込んだ場合、ケースにもよりますが、女性の依頼者は相手が浮気をしている日を的確に想定し、調査をお願いしています。
逆に男性依頼者は、空振りが多い傾向にあります。
その違いは情報量と観察力です。
女性依頼者の多くは掃除や洗濯の為、男性の衣類や小物、書類などに触る機会も多く些細なきっかけから相手の変化に気が付きます。
男性は逆に妻などの小物に触る機会などが少ないので情報不足が否めません。
奥様に浮気の疑いがある場合は、生理のスケジュールを確認しておくのも手だと思います。

「女性は鋭い」というのは勘や性格だけではなく観察力が優れているのです。

調査のタイミングを自分で作ってみる

浮気調査のタイミングを作る

明らかに怪しい対象者の行動。
そんなにお酒が好きであったわけでもないのに、同僚と飲みに行くということが多くなったなど、イライラすることもあるでしょう。
でも、ここで声を荒げて怒ったりしてはいけません。
確実に浮気の証拠を得るには、スキをつくって対象者を自由にしてあげるのも1つの手段です。

例えば同窓会や出張があるなどと言って、家を空けてみるなどしてみてはどうでしょう。
あなたがいないことをいいことに、嘘をついて浮気相手と会ってるかもしれません。
あなたが家にいないという開放感や安心感が対象者の気を大きくし、大胆な行動を取らせることもあるのです。
より行動を促す為に、対象者が体を求めてきても、具合が悪いなどと言って、はぐらかしてみるのもいい手だと思います。
ただ、こちらの意図を察知されると、逆に怪しんでしまい、行動を起さないこともありますので、注意が必要です。

浮気調査に対する心構え

浮気調査への罪悪感

パートナーが浮気をしているに違いない。
それを知ったあなたは怒り心頭になり、調査をすることを決断しました 。
しかし、いざ調査を依頼しようと探偵社に相談したところで、迷ってしまうことがあります。
いわゆる良心の呵責です。
長年連れ添ってきた対象者を騙しているようで、申し訳なくなってしまうのです。
浮気調査をして離婚するというのは、特にお子様のいる家庭にとって一時の感情でのみ判断していいものではないでしょう。

しかし、何もせずに手をこまねき、相手方から離婚を切り出された場合、もっと悲惨です。
浮気問題がうやむやになったまま、慰謝料も受け取ることが出来ず、ただただ性格の不一致で離婚となってしまうかもしれません。
最悪のケースでは離婚後、周囲の方々に貴方の浮気が原因で離婚になったと嘘の情報を広められる可能性もあります。
そうなってしまった時、過去の真実を証明することは、今の浮気を証明するのと比べ、何倍も何十倍も難しくなってしまいます。
お子様の親権や養育費の問題、住む場所の問題、身内・親族に対する問題、金銭的な問題(慰謝料・財産分与)など様々な問題を解決していくのは、あなた自身なのです。
浮気調査を決断させる原因を作ったのは、誰なのかを考えてみましょう。
事実を掴む、証拠を掴む上で浮気調査が必要であれば、探偵を活用すればいいのです。
わかりやすい浮気の時は、ご自分で証拠収集をすればいいのです。

浮気の事実が発覚すればあなたが苦しみ悩むことを承知した上で、隠れて浮気を繰り返し、不貞の事実を認めない相手に対し、被害者であるはずのあなたが調査への罪悪感を持つ必要はありません。
動かぬ証拠がなければ、話し合いすらままならないからこそ、浮気調査をする以外に有効な手段がないと、皆様、浮気調査をご依頼されているのです。

お気軽にご相談下さい

ページの先頭へ