妻の浮気と冤罪DVの関係 浮気調査コラム

浮気調査コラムメイン画像

不倫の疑いがある妻が子供を連れて家出。
別居の結果、ありもしない冤罪DV・でっちあげDVの加害者に仕立て上げられる事例が激増中!
その原因に女性の権利団体や弁護士からの悪の助言・・・

妻の浮気から冤罪DVへのDV加害者でっちあげ方程式

平成30年5月8日に報じられた産経ニュース

DV認定不当と賠償命令 子と面会できずと夫訴え、名古屋地裁「診断書なく誇張の可能性」

「家庭内暴力を受けた」とする妻の虚偽申告を警察が調査せずうのみにした結果、ドメスティックバイオレンス(DV)加害者と不当に認定され、子供と面会できなくなったなどとして、愛知県内の40代の夫が妻と県に慰謝料など計330万円を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁が計55万円の賠償を命じていたことが分かった。

判決理由で福田千恵子裁判長は「DV被害は事実無根とは言えないが、診断書がなく誇張された可能性がある。妻が面会を阻止する目的で、警察に支援を申請したと認められる」と判断した。

その上で「DV被害者の支援制度が悪用される事例が社会問題化している」と指摘、加害者とされる側への配慮を含めた制度の見直しを求めた。

夫婦間でのDVやモラハラが社会問題化し、容易にDVが認められる傾向にある中、その制度を悪用し、ありもしないDV被害を訴える「冤罪DV」「なりすましDV」が横行するようになりました。

その原因としては、DVが社会悪だと広く認知されるようになったことはありますが、それとは別にでっちあげDVを勧める「女性の権利団体」「弁護士」の存在があります。

彼ら、彼女らのやり方は「とりあえずDVを主張し、徹底的に制度を悪用する」という、とんでもないものです。

妻本人の意思で行ったものならまだしも、相談先の団体や弁護士に悪知恵を吹き込まれ、さながら洗脳されたかのように妻の態度が豹変してしまったというケースはいくらでもあります。

中でも最悪なのは

  1. 妻が不倫
  2. 不倫男性に本気になる
  3. 子供を連れて家出
  4. 冤罪DVを主張する
  5. 婚姻費用を請求
  6. 絶対に居場所を知られないよう工作
  7. 高額の慰謝料と養育費を求め、離婚請求

といったケースです。

これをやられると、夫側に抵抗する術は乏しく、DV加害者に仕立て上げられてしまいます。

それだけならまだしも、不貞の存在を子供の口から発覚しないよう、子供に会うことすらできなくなります。

不倫をする妻

対応策は、とにかく不倫の証拠を確保する

対応策乏しくと書きましたが、まさにその通りで、何はともあれ不貞の証拠だけは掴んでおかないことには、無抵抗でやられます。

何も探偵社に浮気調査を依頼してくださいという営業ではなく、でっちあげられたDVに対抗するには、とにかくどのような手段を使ってでも不貞を確定させるだけの証拠がないと勝負になりません。

中途半端に追求してしまうと、DVと併せてモラハラ被害を訴えられる可能性もあります。

証拠の積み重ね

冤罪DVを仕掛けられる覚悟をもつ

「うちの妻に限って・・・」との考えは禁物です。

最初は、「自分が不倫をしてしまった」という罪悪感を持っていたとしても、結婚目的かは別としても、不倫相手と浮気を継続したいが為、子供を連れて家を出て行ったようなケースでは、妻は既に悪に手を染めている状態であることを理解してください。

そこで、今後のことを女性の権利団体や弁護士に相談した時、「子供のことを考えれば、この方法がベストです。」「皆さん、同じようにされていますよ。」といった言葉を囁かれたとしたら・・・

既に悪に染まりつつある身としては、「そこまでは・・・」と踏みとどまることは難しいのが現実です。

私の知る限り、三重県でこの方法をとる団体や弁護士はそう多くありませんが、名古屋あたりではかなり多く存在しており、「冤罪DV専門の団体」や弁護士会の中でも有名な「冤罪DVを仕掛ける弁護士」は複数いるのが実情です。

ご自身が上記のような「浮気が疑われる妻が家出」といった状況下におかれた場合、冤罪DVを仕掛けられる覚悟をするようにしてください。

取り越し苦労であったとしても、事が始まってからの対処では遅すぎることになりかねません。

一旦、DVが認定されると、探偵がおろか弁護士ですら容易に手を出せないようになってしまいます。

彼ら、彼女らは冤罪DVの戦略には長けており、どのようなことをされれば勝てないかを熟知していることから、不倫の証拠や冤罪DVの証拠は決してとらせまいと、全ての手段をとってきます。

怖い内容になってしまいましたが、何も私は恐怖心をあおる気はさらさらありません。
現実を知っているからこそ、取り返しがつかないことにならないよう、その道のプロとして忠告やアドバイスをしているだけなのです。

椅子に座って足を組む女性

不倫を問い詰められた結果、DV被害を訴えるケースは少なくない

妻の不倫を疑った結果、確たる証拠がないまま夫婦間の話し合いで不倫を追求したところ、不倫を否定した上でDV被害を訴え始めるケースも少なくありません。

夫としては「不倫を認めて謝罪してくれれば、許そう。」と願う気持ちで不倫を追求する過程で、ついつい口調が荒くなったり興奮する妻をなだめようとしただけなのに、足元をすくわれる形になってしまうのです。

不倫問題の解決を計ろうと夫婦間の話し合いをもつ時、言い逃れができる証拠を元に行われた場合、思い通りに進まないことが大半です。

「こんなはずではなかった・・・。」と後悔される前に、「もしかしたら。」と、被る可能性のリスクを想定されておかれることをお勧めします。

当サイトの内容、テキスト、画像などの無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイトなどへの引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵

探偵社ガルエージェンシー伊勢湾・三重・名古屋駅西代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので三重県内での調査には絶対の自信があります。

探偵社ガルエージェンシーの8つの日本一

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照ください。

離婚相談室

無料相談は電話予約にて承っております

0120-775-066 (相談無料・秘密厳守・365日対応)

グーグルマップ

初めての方も安心してご相談ください

探偵歴20年のプロ探偵に無料相談

トラブルの解決法をご提案

専用フリーダイアル0120775066

メール相談フォーム