自宅で行われる浮気の証拠確保浮気調査コラム

浮気調査コラムメイン画像

自宅に不倫相手を連れ込んで不貞行為を行うケースでの証拠収集の解説。
自宅では出入りの撮影が主体となるラブホテルとは異なった方法での証拠確保が必要です。

自宅連れ込み型の不倫

自宅を含めた室内での浮気(不倫)の証拠収集を依頼されるケースとしては

  1. 妻(夫)が、夫(妻)がいない間に浮気相手男性を自宅に招き入れる
  2. 夫(妻)が、不倫相手宅に行く
  3. 不倫用のマンション(アパート)が用意してあり、そこで会う

といったパターンが多くみられます。

自宅で不倫する男女

ここで、まず、不貞行為の証拠というものを皆さんにご理解していただく必要があります。

不貞の定義
不貞行為(ふていこうい)とは、法律用語であり、配偶者としての貞操義務の不履行を意味し、民法770条に離婚事由として規定されている。

判例上の「不貞行為」
「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会などは「不貞行為」には該当しない。
また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。
しかし、現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている事案が多数存在する。
性交渉も同様に、性行為が推認できる証拠物があれば性行為そのものを立証する必要が無い場合もある。
ただし、嫡出子が男性の遺伝的実子でないことが鑑定によって明らかになっても、その事実だけをもって女性の「不貞行為」は推認されず、また嫡出否認または親子関係不存在確認の訴えを起こして成立しない限りは親子関係が取り消されることもない(最判平26・7・17)。

不貞行為の証拠とは性的関係を証明するもの

その上で、自宅などの室内での不倫の証明を考えると、「貞操義務の不履行」「不貞行為」とは「性行為(セックス)そのものを指している」ことから、室内で性行為が行われたとの証明が必要になります。

そして、現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている判例もあるにはありますが、それは不貞の証拠を確保するまでに、不貞が行われていたであろうと強く推認される事実があるケースであり、一般的には「一回だけではない反復した不貞行為の証拠が必要とされる。」が正しい解釈になります。

問答無用で不貞の証明をするには、肉体関係が繰り返し行われていた事実の証拠を示すのが最善であるのは言うまでもありません。

しかしながら、プライバシーが担保されている室内での性行為を証拠撮影できるケースは、可能な方法が法的に制限され、物理的にも限定されます。

そこで、「性行為が推認できる証拠物があれば性行為そのものを立証する必要が無い場合もある」が重要なポイントになるのです。

室内で不貞行為が行われているであろう状況証拠を積み重ねることによって、不貞の事実を証明していきます。

実際、その方法での浮気調査で証拠を確保できた結果、慰謝料や離婚が認められなかったケースは皆無であることから、判例としても実例としても確かなことです。

一軒家・アパート・マンションが舞台となる浮気調査は、ラブホテルなどに比べれば撮影の難易度が高くなることも多くあり、厳しい調査になることは多々あります。

様々な意味で判断が難しいケースも多くあります。

そこで探偵を使う場合、大切なのは信頼のできる探偵社選びになるでしょう。

「おざなりな調査で、不貞行為が証明しきれなかった」というのが最悪のケースですが、弊社ではただの一度もそのようなことになった事案はありません。
また、全ての依頼者さんに、弊社調査の不備によって訴訟で勝てなかったなどの事態が生じた場合、調査料金全額の返金をお約束しております。

それは探偵学校校長の運営する探偵社というプライドであり、所属調査員の全員を0から育て、講師の資格のある者だけが調査を担当しているという信頼の表れでもあります。

探偵業界の実情を知らない三重県の方々が、東京や大阪、名古屋といった自称大手探偵社に調査を依頼し、高額な調査料金を支払ったにも関わらず、証拠が足りないとのされた為、調査のやり直しをする度、自社の営業努力が足りなかったことへの反省とともに、依頼者さんの心情を思うと切なくなることが度々あります。

せめて三重県の方は、弊社に依頼しなくても構いませんので、一度だけでも相談され、弊社の提案やアドバイスをお聞きください。
その上で、他社を選ばれるのなら、何の悔いも残りません。

当サイトの内容、テキスト、画像などの無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイトなどへの引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本コラムの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵

探偵社ガルエージェンシー伊勢湾・三重・名古屋駅西代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので三重県内での調査には絶対の自信があります。

探偵社ガルエージェンシーの8つの日本一

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照ください。

離婚相談室

無料相談は電話予約にて承っております

0120-775-066 (相談無料・秘密厳守・365日対応)

グーグルマップ

初めての方も安心してご相談ください

探偵歴20年のプロ探偵に無料相談

トラブルの解決法をご提案

専用フリーダイアル0120775066

メール相談フォーム