いじめの実態調査

いじめで悩む男児

いじめ問題は大変にデリケートな問題です。
当社ではお子様のプライバシーに最大限の配慮をしながらその実態を調査していきます。 また、中学・高校でのいじめ事件も多く存在し、学校内でのいじめだけでなく、学校外での不良グループや暴力団構成員などによる強要・恐喝の可能性がある調査にも対応しております。 今やいじめは幅広い年齢層で起きており、早期の対応が問題解決への近道であるといえるでしょう。

無料相談は電話予約にて承っております

0120-775-066 (相談無料・秘密厳守・365日対応)

生命の危機だけでなく、生涯の傷ともなるイジメ問題

いじめ問題の解決

いじめの実態を把握し、対策・対応法を採ることにより、いじめ問題を解決に導きます。
いじめ問題は大変にデリケートな問題です。
当社ではお子様のプライバシーに最大限の配慮をしながらその実態を調査していきます。

いじめの実態調査における調査手法例

  • 素行調査による状況調査
  • 録音および録画
  • 聞き込み調査
  • 証人、証言の収集
  • メールやLINEなど、各種SNS関係の解析・分析・調査

いじめ問題において、「いじめられている側にも問題があるのでは?」といった意見もあるようですが、いじめ加害者に違法行為や不法行為が認められる場合を含め、いじめ被害者の落ち度を指摘するのは100%的外れな指摘といえます。
いじめ加害者の問題対応を基本としない、いじめ問題の解決はありえません。

いじめの環境から距離をおくのは効果的な対策

いじめ問題に限らず、現在進行形で被害が生じているトラブルの対処において、「加害者から距離をとって安全を担保した上で対応を考える。」というのは被害対策の基本です。

それを「逃げる」と表現される方もいるでしょうが、理不尽な加害者が存在する事案において、一律法律をもとにした正論のみで対処することが正しいとは限りません。

いじめのサイン

子供のいじめ

いじめはどの学校でも起きる問題です。
いじめる側といじめられる側どちらも、「うちの子は大丈夫」などと思わず、注意深く先入観を持たずに子供からのイジメのサインを見逃さないでください。

いじめの発見チェックポイント例

  • 突然、反抗的になったり、口数が少なくなったりする
  • 最近、訳もなく学校からの帰りの時間が遅くなる
  • 家族との対話を避けるようになり、帰ってきてもすぐに自分の部屋に入ってしまう
  • ため息をついたり、ぼーっとすることが多くなり、食欲がなくなる
  • 衣服に汚れや破れが見られたり、すり傷や打撲の痕がある
  • 登校拒否。通学時間になると腹痛など身体の具合が悪くなる
  • 持ち物がなくなったり、壊されたり、落書きがある
  • 家庭から品物、お金がなくなる。あるいは、お金を欲しがる

違法行為を伴うことの多いいじめ問題

いじめ問題には必ず加害者が存在します。
そして、いじめの大半は違法行為を伴ったものになります。
いじめをされている側のご家族が、大切なお子様を守る為、いじめのサインを見逃さないことと同時に、いじめの加害者にならないよう見逃さない責任があります。

13歳未満であれば少年法により刑事責任年齢に達していないため、刑罰は受けません。
しかし、それは刑事責任であり、民事責任は別です。
親は自分の子供に対する監督義務があり、監督義務者が監督責任を怠ったという事実があれば、「不法行為による損害賠償請求」が認められ、治療費や慰謝料といった賠償金を支払うことになります。
また、近年では高額の慰謝料が認められる事案が増えています。

擦り傷やこぶ程度の怪我であれば治療費も高額にはならないでしょうが、どこまでの故意があったかは別としていじめ行為では重大な結果が伴ってしまうことがあります。

  • PTSDが発症した
  • 骨折し、後遺症が生じた
  • 鼓膜が破れた
  • 失明した

などといった身体的な実害が生じたケースでは、高額な賠償金が発生します。

いじめ加害者側の親としては「たかが子供同士の喧嘩」「腕白なほうが良いじゃないか」と考えられるかもしれませんが、現実にいじめが原因で家族が崩壊するような高額な賠償が多数認められている現実を知らなければいけません。

小学生高学年以降のいじめ

小学生低学年から中学年までのいじめと、高学年から中学生にかけてのいじめ、高校生以上になってからのいじめとは質が少し異なってきます。
それに従い解決法も学校単位での解決から、親が主体となった解決になることが想定されることをご理解ください。
現在では半グレ集団などという呼称で呼ばれていますが、昔でいう暴走族や不良グループなどが関与してくるケースがあるからです。
そういった集団が関与すると、事態はより複雑化し、深刻になってしまいます。
子供には子供だけが形成する独特の世界があり、大人を寄せ付けない秘匿性の高い集団を形成する傾向があります。
また、いつの時代もどこの土地にも存在する悪になるべくして生まれてきたような絶対的な悪といった人格が目を覚ますのも中学生以降の時期でもあります。

  • あいつと関わったばかりに
  • あいつとさえ出会わなければ
  • 怖くて断りきれなかった
  • 逃げると居場所がなくなると思った

など、大人になってまで大きな後悔している方は多くいます。

どの世代のいじめ問題であれ、早期の対応が必要であることは誰しもがわかっていることですが、子供の問題と捉えてしまい、対応が後手後手に回ってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。
ただ、学校に期待できない現状を考えると、最悪の結果にならないよう対応できるのは親を含めた親族だけではないでしょうか。

大人になっても続く可能性のある力関係(主従関係)

三重県のような地方都市では青年期に確立された主従関係ともいえる力関係が大人になっても継続されるという闇の部分があります。
限られた地域で生活していかなければならないというのが原因なのでしょう。

一旦形成されたいじめを含めた上下関係がそのまま継続され、本人の努力もあるでしょうが、その関係から逃れられるのは運のよい一部だけであるのが現実ではないでしょうか。

早い段階のどこかで知識がある大人が救ってあげられることができていたら、違った人生になったかもしれません。

怖い男

探偵社のいじめ調査

いじめ問題の中には、一連のいじめ行為に加害者からの違法行為が含まれるケースがあります。
いじめ調査では、いじめの実態を調査する過程で違法行為が含まれている場合、証拠を確保していくことが一般的です。

また、暴力など有形の手段を伴わない「言葉のいじめ(言葉の暴力)」においても、違法行為や不法行為に抵触することが大半です。
「言っただけ。」というのは、子供同士であっても通用しないのです。

いじめに付随する違法行為

  • 暴行罪(刑法208条)
  • 傷害罪(刑法204条)
  • 恐喝罪(刑法249条)
  • 強要罪(刑法223条)
  • 名誉棄損罪(刑法230条)
  • その他、各種条例

いじめ問題を解決するのに、加害者から受けた違法行為(犯罪)の証拠が大きなポイントとなった事案は少なくありません。
いじめ問題は証拠収集だけ解決するというものではありませんが、証拠の存在がなければ話しが全く進まないことも考えられますので重要な材料にはなります。

証拠の種類

いじめを証明する証拠として以下のようなものが考えられます。

  • 録画データ
  • 音声データ
  • 証言(被害者・目撃者)
  • いじめの内容が記された日記・メモ
  • 診断書

いじめを直接示す決定的なものではければいけないということではありませんので、複数の間接証拠の積み重ねでも証明は可能となります。

いじめ調査事例

いじめ調査の事例をご紹介します。

小学5年生 A君のいじめケース

子供のイジメ

「うちの子が最近ケガをして帰ってくることが多いんです」
というお母様からのご相談。
息子さんは最近自分の部屋に閉じこもることが多くなり、夕食も食べない事が度々ありました。

調査結果

学校前からの尾行を開始すると、帰宅途中で数名の同級生と合流し肩を組みながら仲良さそうに見えるA君の後ろ姿。
そのうちの一人がキョロキョロと辺りを見回し、A君の腹部を殴り、太ももあたりを蹴る。
彼らは突然二手に分かれる。
一方の集団はちょっとした空き地に入る。
A君のいる集団は近くのショッピングセンターに向かう。
ショッピングセンターより出てきたA君は、集団の数人に商品を手渡す。
万引きしてきた商品を渡しているのであろう。
移動先の空き地には、先程分かれた同級生が待っていた。
皆で商品を分け、食べている。
A君は下を向いたままで動かない。

同様の行動が連日のように確認された。
可能な限りをカメラで撮影し、依頼者にご報告した。

解決方法

結果の重大さに驚いた依頼人は、弊社の助言に同意し、解決を弁護士に依頼。
ご両親同席の上、A君は弁護士と女性職員にイジメの一部始終を告白した。
A君の証言と調査報告書を元に、学校関係および全てのイジメ関与者の保護者に弁護士名での内容証明郵便を発送。
依頼人が望まなかったこともあり、事件になることはなく、いじめ問題は解決の方向へ向かう。

中学3年生 B子のいじめケース

中学生の娘

「進級した頃から娘がふさぎがちで、学校や友達の話しをしなくなった。」
「帰宅する時間が遅くなることもあり心配。」
というお母様からのご相談。
高校進学を控えるも学校の成績も悪くなっているという。

調査結果

調査を開始すると2名のクラスメイトと連日カラオケボックスやゲームセンターなどで一緒にいる姿が確認された。
調査を進めていくうちに2名のクラスメイトは援助交際していることが疑われる事実が判明。
一見仲良し3人組にみえる彼女らだが、リーダー的な存在なのはB子であることは明らか。
クラスメイトが援助交際をしたお金で連日遊んでいるのだ。
調査結果の全てを依頼人に報告した。

解決方法

こういった調査では依頼人がどういう解決策を選択するかは探偵の立ち入る領域ではありません。
ただ、真実を正直に報告するのみです。
調査後の事実として調査結果の報告以降、B子が2名のクラスメイトと一緒にいる姿が確認されることはありませんでした。

探偵社ガルエージェンシーの8つの日本一

四日市の探偵社アクセスマップ

初めての方も安心してご相談ください

探偵歴20年のプロ探偵に無料相談

トラブルの解決法をご提案

専用フリーダイアル0120775066

メール相談フォーム