不倫問題を解決する手段

不倫カップルの不貞行為を撮影する探偵

不倫問題を解決しようとする時、調停など夫婦間の話し合い以外での法的解決手段としていくつかの方法があります。

無料相談は電話予約にて承っております

0120-775-066 (相談無料・秘密厳守・365日対応)

不倫問題の解決

ここでご紹介する方法は、調査を行い相手女性の身元、証拠写真が揃った時点での交渉開始となります。
テレビドラマですと、そのまま調査報告書を相手に叩き付けるのですが、実際にはそういったことは稀です。 調査報告書の提示は最後の切り札となりますので、使用方法や使用のタイミングは慎重に選んでいきましょう。

1.離婚を決意し、離婚時に配偶者へ慰謝料を請求する

離婚届

離婚を前提に考えて調査をするケースと、調査結果を確認したところ我慢出来ず離婚を決意される方がいます。
不倫相手に慰謝料請求をしないケースは、何らかの理由により不貞行為が判明出来なかった(証拠が得られなかった)場合、または、風俗遊びなどの場合によります。
ご自身で決定証拠掴む、または調査会社で浮気の証拠を掴み弁護士に相談、話し合いや離婚調停などを経て離婚することになります。

2.離婚を決意し、配偶者と不倫相手へ慰謝料を請求する

離婚届

基本的に1番と同じですが、不貞の証拠があり浮気相手の身元が判明している場合は、浮気相手に内容証明郵便の送達・調停という手段もあります。
相手が応じない時は不法行為による損害賠償請求という訴訟をおこしていきます。
慰謝料の金額では一番期待できる方法といえます。

3.離婚はしないで浮気相手に配偶者との接触の中止、慰謝料を請求する

バツ印のつけられた離婚届

浮気調査終了後、資料をもって弁護士事務所に相談し、調停を申し立てます。
離婚に関しては考えず実家などへ引越し、別居をする方法も有効な手段です。
調停で和解が成立すれば生活費(※婚姻費用という)を毎月支払われる事となります。
有責配偶者からの離婚の申し立ては基本的に認められませんので、住宅ローンなどが残っていれば養育費などの支払いと2重の生活を送ることとなりかなりの負担を強いられる事となります。
離婚してスッキリするか、別居して相手を「毎月お金だけを運んでくれる人」と捉え 、割り切って生活するという選択肢もあるのです。

4.離婚はせず別居し、配偶者へ慰謝料、養育費などを請求する

バツ印のつけられた離婚届

離婚する気はないとお考えであれば、パートナーとの直接交渉を行います。
「浮気をしているか?」という質問にNOの返答がある場合は、浮気をしていない理由(言い訳)をはっきりと聞いておきましょう。
休日出勤の理由、飲み会と言っていた日の行動、調査を行った日の行動を話させます。
最後に、絶対に嘘はないかどうかはっきりと言葉に出させることが大切です。

そこで初めて調査報告書を見せます。
相手は「調査会社の捏造だ、作文だ!」といって反論してくるかもしれません。
また「プライバシーの侵害だ!」などと、良くわかっていない法律用語を連発してくる場合もあります。
法律的には何の問題もありませんので安心して強気に対応してください。
話しが前に進まないようであれば、証拠VTR(弊社の場合DVD)を再生して見せましょう。
動画まで見せられてしまうと、黙ってしまうのではないでしょうか。
相手が非を認め今後しないと約束をし、あなたもそれですっきりしたのであれば、良い選択肢といえます。
しかしその後、このパートナーと離婚したいと考えたとしても相手も証拠がある事を知っている為、対応策を考えられるかもしれません。
離婚するのであれば、この段階で全て今ある証拠を見せてしまうのは得策ではありません。
相手も弁護士に相談するなど何らかの準備を講じてくるでしょうし、本来調停などでウソをつかせたあとに最後に証拠を出しますので、慰謝料を取れないという事は無いと思われますが減額してしまう場合があります。
相手の性格を考え、話し合いで解決出来ると考えればこのような選択肢もあります。

また、相手の女性には内容証明郵便で接触をしないよう勧告しておくとよいでしょう。

5.その他の方法

解決方法は人それぞれですので証拠を掴んだ後、証拠資料の使用方法をご相談ください。
調査会社で浮気調査を行ったとことを相手に隠し、まず話し合いをしてみた上でどうするか判断したいといったような場合は、調査報告書から浮気相手と接触している場面の写真を2~3枚取り出し、その写真を証拠材料として話し合いを進める方法もあります。
友人や知人が写真を撮ったと話しを進めたい場合は、あえて少しピンボケ気味の写真を取り出すことも可能です。
余程の枚数でもない限り、無料で現像致します。
上記のようなご要望や、また違った解決方法をお考えがある時は遠慮なくお申し出ください。
可能な限りご協力致します。
反社会的な行動に関してのお手伝いは出来ません。

楽観的な問題解決は望まない方が良い理由

不倫問題解決の転機

不倫問題の解決において復縁を希望されるケースでは、「このようになれば良いな。」「こういった流れになるだろう。」といった希望はお持になられているかと存じますが、楽観的に考えられていると思わぬ落とし穴に落ちる可能性があります。

一般的に、復縁をするには不倫をした配偶者の心からの謝罪が必須となります。
そこで、最初から配偶者が涙ながらに謝罪してくれれば良いのですが、なかなかそうはないらないのが現実です。
様々な言い逃れや言い訳を並べ、謝罪には至らないことが大半です。

言い逃れの余地のない動かぬ不倫の証拠

元通りとまではいかなくとも、夫婦関係の修復を望むのであれば、後にしこりの残らない決着が望ましいことは、異論がないことだと思います。

それには、どのような経緯で話し合いがなされていたとしても、最終的にはぐうの音も出ない言い訳の余地がない証拠の存在が必須であるといえます。
不倫をする人は発覚した時にどのように言い訳をするかを考えていることも多く、状況証拠だけで問い詰めようとした場合、余程の話術の持ち主でもない限り言い逃れをされてしまう可能性があります。

上手くカマをかければ白状する(だろう)
まず親に話をして、親から叱られたら不倫相手と別れる(に違いない)
子供のこともあるから離婚はしなくない(とい思う)

といった希望的な考えは、思い通りにいかない時に精神的ダメージとなるだけでなく、問題解決が八方塞になることもありますので、取り越し苦労になったとしても最悪の事態も想定され、問題解決に臨むことをお勧めしております。

浮気調査の進め方【動画】

ガル離婚相談室のご案内

浮気調査のプロフェッショナルと併せ、離婚問題の専門家が提案するガル離婚相談室。
不倫の慰謝料請求・親権争い・養育費など、浮気が原因で離婚をお考えの方の必見事項のご紹介。
浮気調査により離婚をお考えの方は「ガル離婚相談室」をご参照ください。

離婚相談室

探偵社ガルエージェンシーの8つの日本一

四日市の探偵社アクセスマップ

初めての方も安心してご相談ください

探偵歴20年のプロ探偵に無料相談

トラブルの解決法をご提案

専用フリーダイアル0120775066

メール相談フォーム